ボンキュート(BomCute)飲み方と副作用まとめ

ボンキュート(BomCute)飲み方と副作用まとめ

ボンキュート


ボンキュート(BomCute)は高いバストアップ効果で、いま人気急上昇中のバストアップサプリです。ボンキュート(BomCute)に高いバストアップ効果をもつ理由は、女性ホルモンのエストロゲンに働きかける成分を高濃度に含むから。


女性の身体に対しての影響が大きく、それがプラスの面ではバストアップ効果が高いことにつながりますし、反面、副作用的なものも起こり得ます。ボンキュート(BomCute)を使うときは、飲み方とか副作用にも気を付けなくてはいけません。


ボンキュート(BomCute)飲み方と副作用をまとめてみました。

ボンキュート(BomCute)が高いバストアップ効果を持つワケ

ボンキュート(BomCute)の高いバストアップ効果は、女性ホルモンのエストロゲンに働きかける成分『イソフラボン』によるものです。イソフラボンは、大豆に多く含まれることが知られていて、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、植物エストロゲンと呼ばれたりします。


女性ホルモンのエストロゲンはもともと人の体内にあるものですが、ここにイソフラボン(植物エストロゲン)が加わることで、女性ホルモンが多く供給される状態になります。乳房の発達は、女性ホルモンの働きによるものですので、イソフラボン(植物エストロゲン)の摂取によってバストアップ効果があらわれてくるワケです。


ボンキュート(BomCute)は、大豆の約40倍も多くイソフラボンを含む『プエラリア』という植物が原料となっています。プエラリアを原料とすることで、ボンキュート(BomCute)を飲むと、非常に高濃度のイソフラボンを摂取することができるのです。

ボンキュート(BomCute)の副作用

プエラリア


ボンキュート(BomCute)が高いバストアップ効果を持つワケは、女性ホルモンの働きを活性化するからですが、これはある意味で、意図的にホルモンバランスを女性ホルモン過剰の状態に持っていくということでもあります。


ボンキュート(BomCute)の原料はプエラリアですが、プエラリアはタイ北部やミャンマーを原産地とするマメ科クズ属の植物です。タイ、ミャンマーでは、プエラリアを食べることで、高齢の女性でも美しさと健康を保つことができるという記述は古文書のなかにも見られるほどで、古来から美容に大きな効果があることが知られていました。


タイでは、プエラリアに関して公的な制限・規制があります。「所持」、「販売」、「研究」などに別れて制限されていて、それぞれに許可が必要です。タイでの研究は、タイ国立農業大学(カセサート大学)が中心となっているのですが、ボンキュート(BomCute)はこのタイ国立農業大学(カセサート大学)によって栽培された証明書が発行されているものが使用されています。偽造品の心配はありません。


ボンキュート(BomCute)1粒には、プエラリアが250mg含まれているのですが、これはかなりの高濃度です。タイでの1日あたりの摂取量の推奨値が100mgですし、体質にもよりますが、摂取上限は200〜400mgと考えられているようです。ボンキュート(BomCute)は、かなり限界いっぱいまでプエラリアを高濃度に配合しているわけです。


ボンキュート(BomCute)の公式サイトでの摂取目安は、1日5〜10粒とされています。飲み過ぎにはくれぐれも注意して、正しくバストアップ効果を得るようにしましょう。